カワジュンインダストリー |ニュース

ニュース //​

第18回機械要素技術展 M-Techへ出展しました

 

2014.06.30

6月25日(水)~6月27日(金)に東京ビッグサイトで開催されました、第18回機械要素技術展 M-Tech へ出展しました。
軽量化等、マグネシウムは注目されている材料ということもあり、めっき加工への関心も非常に高く、多くのお客様よりサンプルの御依頼を頂きました。

メッキが難しいとされるマグネシウムについては、お電話(03-3693-2131)またはフォームよりお問い合わせください。

 

工場見学にご来社いただきました

2013.12.10

12月10日に大手ハウスメーカーご担当者様が工場見学に来られ、品質、生産工程を細かく確認されました。
弊社の最大の特長である「多品種、小ロット、短納期生産」にも感心され、また研磨職人が一つづつ丁寧に仕上げている物作り・こだわりの品質にも驚かれていました。
メッキ屋でありながら、素材から検査し、「素材から綺麗に仕上げることがメッキの仕上げの良さを左右する。」というカワジュンインダストリーのこだわり。
会議室で実際にメッキを体験され、お持ちの鍵が綺麗な金メッキに変わる様子に大変満足されておりました。

工場見学は随時受け付けております。お電話(03-3693-2131)またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

第16回産業交流展2013へ出展しました

2013.11.01

10月30日(水)〜11月1日(金)に東京ビッグサイトで開催されました、第16回産業交流展2013へ出展しました。
一般にメッキが難しいとされるマグネシウムへの無電解ニッケル、電解ニッケルのサンプル展示にたくさんの方が興味を持たれ質問されていかれました。

電解ニッケルに関しては、金・銀・黒色めっきを施した展示も合わせて行い機能的なご提案をしました。

メッキが難しいとされるマグネシウムについては、お電話(03-3693-2131)またはフォームよりお問い合わせください。

 

取材にご来社いただきました

2013.10.18

10月18日に大手ハウスメーカー取材担当者様が工場へ来られました。
”MADE IN JAPAN”をテーマに、レバーハンドルにあるストーリー(製造工程での苦労など)を実際使用されるユーザー様へお届けするという取材内容でした。
ドアに初めから設置されている”モノ”ではなく、一つ一つ丁寧に作られていく様子を紹介する事で”日本の良さ””味わい”といった、ものつくりを見つめ直すというコンセプトは大変興味深いものでした。

私どものものつくりにも共感するところが多く感じられました。

取材は随時受け付けております。お電話(03-3693-2131)またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

工場見学にご来社いただきました

2013.09.20

9月19日に大手デベロッパーご担当者様が工場見学へ来られました。
実際に製品がお手元に届くまでにどのような仕組みで生産・管理をしているのかを確認しながら、生産工程をご覧いただきました。
研磨工程などでは一つ一つを手作りで作業している姿に感心されておりました。

会議室では実験設備を利用した『本金メッキ』のデモンストレーションを行い、工場内だけでは分かりにくいメッキの仕組みをわかりやすくご説明することが出来ました。また、実際にお客様が普段使用しておられる鍵へ本金メッキを施す事で『金色に変わっていく』様子にみなさん驚いていました。限られた時間の中ではありましたが、目の前でメッキされる様子をご覧いただき、メッキをより一層身近に感じていただけたことと思います。

工場見学は随時受け付けております。お電話(03-3693-2131)またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

カワジュン株式会社との新商品開発会議

2013.07.11

7月11日にカワジュン株式会社の新商品開発の為、表面処理の打ち合わせを行いました。
表面処理は通常開発プロセスの中で最終行程なので、いつもデザイン・試作が完成してからどの色調にするのかを決めていました。
今回は、プロセスを前倒しすることで開発段階からメッキの色・仕様を確認でき、色調に合せた形状を決めることに貢献できました。
開発スタッフも、「コンセプトの段階からメッキの打ち合わせができると、デザインがイメージしやすい!」と大変喜んでいただけました。
ものづくりは、関係するそれぞれの部署が開発の初期段階から関わることが大切だと、あらためて実感できた会議でした。

 

工場見学にご来社いただきました

2013.06.03

建築デザイナー 西山広朗氏とインテリアデザイナー田島知美氏が工場見学に来られました。
素材の研磨工程からメッキ、仕上げまで一通りご覧になり、特に職人さんが一つずつ丁寧に作っている研磨、仕上げには、感心しておられ、『一つずつ手作りなんですね!』
『これからも、この東京の下町で、日本の伝統技術を活かした物作りを残していって下さい。』と励ましのお言葉をいただきました。
西山氏は、歓談の中でも“本物”という言葉を多く使っておられたことが、とても印象的でした。
私どもも、メッキの技術で本物の仕上げを目指して、皆さまにもっと満足していただける物作りに挑戦していこうと思っています。

工場見学は随時受け付けております。お電話(03-3693-2131)またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

匠の技(研磨の技術)を動画にしました

2013.06.03

メッキは磨き(研磨の技術)が仕上がりを左右します。
カワジュンインダストリーは、創業から67年培った匠の技(研磨の技術)を大切にして[removed]­新たな機能美を創り出しています。

2013.06.03

一般にメッキが難しいとされるマグネシウムへのメッキを開発中です。詳しくはこちらよりお問い合わせください。

マグネシウム以外の素材につきましては「研究開発ページ」をご覧ください。

実験装置

マグネシウムへのメッキ例

中小企業総合展JISMEE2012へ出展しまし

2012.10.19

2012年10月10日~10月12日に東京ビッグサイトで開催された中小企業総合展JISMEE2012へ出展し、電解発色ピンクゴールドメッキを展示しました。

2012.03.02

2012年2月29日~3月2日に東京ビッグサイトで開催された第3回【量産】【試作】加工技術展へ出展し、当社オリジナルのステンレス電解発色を展示致しました。また、カーボンナノチューブ複合プラチナメッキや装飾等の従来の表面処理においてもお問い合わせ頂きました。


■クロムフリーに注目が!
クロム酸(六価クロム)を使用しない技術にお客様の関心が集まりました。

第9回国際バイオEXPOへ出展しました

2010.07.27

2010年6月30日~7月2日に東京ビッグサイトで開催された第9回国際バイオEXPOへ出展し、カーボンナノチューブ複合プラチナメッキを利用したバイオセンサーに注目が集まりました。 

■ バイオセンサー向け


カーボンナノチューブ複合プラチナメッキ
バイオセンサー電極部分にカーボンナノチューブ複合プラチナメッキ加工をすることにより、通常のプラチナ電極にくらべ、様々な優位性が得られました。
当日はグルコースセンサーのサンプルや各種データの展示を行いました。

■ 試作依頼も・・・。


3日間を通し、打合せ・試作依頼など多くのお話を頂きました。
終日人通りも多く、成果のあった展示会となりました。

第1回【量産】【試作】加工技術展へ出展しました

2010.03.12

2010年3月3日~5日に東京ビッグサイトで開催された新エネルギー業界向け第1回 [量産] [試作] 加工技術展へ出展しました。

カーボンナノチューブ複合プラチナメッキに注目が集まりました。

■ カーボンナノチューブ複合
■ プラチナ
特許出願済みの新しい技術“カーボンナノチューブ複合プラチナメッキ”を中心に展示しました。
新エネルギー業界向けということもあり、多くのお客様にお越しいただきました。

■ 水素燃料電池の実験装置を展示


水素燃料電池の仕組み、通常プラチナ電極とカーボンナノチューブ複合プラチナ電極との比較がわかる実験装置を展示しました

■ 次回展示予告!?


バイオセンサー or バイオ燃料電池向け高感度電極
例)低血糖値グルコースセンサー

従来のカーボン電極でのグルコースセンサーでは低濃度域での血糖値が正確に計測できなかったのに対し、表面積で優位、且つGODが固定化されやすい弊社の“カーボンナノチューブ複合プラチナメッキ”電極を提案します。

第1回次世代照明展好評でした

2010.03.06

2010年3月3日~5日に東京ビッグサイトで開催された新エネルギー業界向け第1回 [量産] [試作] 加工技術展へ出展しました。

弊社ブースにも多数のお客様が足を運んでくださいました。まことに有難うございました。
また、弊社の展示物や表面処理技術の件でお聞きになりたいことがありましたらお気軽にご相談して頂きたく宜しくお願い申し上げます。

■ ピンクゴールド


前回も好評を博したピンクゴールドメッキ。
今回はデザイン性にこだわって展示しました。より綺麗な装飾性でご好評頂きました。
 

■ カラードブラック


黒系表面処理。
特にピアノブラックや無光沢の黒色に興味を持たれたお客様が多いようでした。
 

第10回半導体パッケージング技術展好評でした

2009.02.19

2009年1月28日~30日に東京ビッグサイトで開催された第10回半導体パッケージ技術展に出展し、黒メッキ、ピンクゴールド他新製品に注目が集まりました。

たくさんのご来場、まことに有難うございました。
次回展示会もご期待ください。
日時:2009年1月28日~30日
場所:東京ビックサイト

■ ミントケース大好評!


キラキラ・ゴージャスな仕上がりのメタルミントケース。メターテック加工によりシンプルで大人の雰囲気。ご来場頂いたお客様にお配りしたところ、ご好評につき発売決定!
SUS+金メッキ、SUS+黒メッキのコンビの2種類。オリジナルのミントケースを製作いたします。Lot.-200から製作可能。

ぜひ、ご問い合わせ下さい。

※ミントケースの販売は中止いたしました。

■ カラードブラック


今、話題の黒系表面処理。
たくさんの問い合わせを頂ました。
 

■ ピンクゴールド


新色のピンクゴールド。

厚付け(0.2~0.3μ)が可能になりました。
より重厚で気品のある色味に仕上がります。
 

第10回産業交流展2013